怪我

さいちゃん(ママの独り言コメンテーター)の2・26のコメント?

コメントにコメントしたくなり、本日二回目のblog更新です。
(珍しいっ)

スポーツの怪我というのも、将来の人生を変えたりしますね。


ママの今もピュアに来てくれる同級生も、スポーツ特待生で将来約束されてた方が居ました。
が、肩の損傷で、プロスポーツ選手の夢を絶たれてしまい…

今は、スポーツとは関係ない世界に生きてますが、怪我で皆泣き、プロとしての第一歩を踏み出せなかったと言う方 世の中沢山いますね。

オリンピックでも、何でも
勝手にテレビで観戦し、ママも選手に無茶苦茶?言ってますが、夢叶いプロとして活躍出来る迄には、相当の努力とスランプ、挫折の繰り返しでしたでしょう。

勿論、現役選手でさえ、精神的な問題、肉体的な問題…全てを克服したからだなんて事は言えない。

今も
全ての圧の中で戦っているんですものね!

怪我…

ちっちゃい時、捻挫もしたし、足になん針も縫った、手首も切った…

今も沢山の傷が有る…

傷だらけの人生でも、勲章

今は ちょっとした物に、つまずかない様に歩いてる。
ちっちゃいなぁー
ママ!
(笑)

おっと、ラジオの時間!

岡村孝子『夢をあきらめないで』をかけようかな♪

局へ遅れそう?(焦)
スポンサーサイト

コメント

Secret

オリンピック選手

さいちゃんもスキー大回転でオリンピックン目指していたんですね。私も小学校6年の時に東京オリンピックが開催され、テレビに釘付けでした。その時、陸上競技で唯一の銅メダルがマラソンの円谷幸吉選手でした。それに感動して、小学校の卒業文集に将来はマラソン選手になってオリンピックに出場することが夢であるようなことを書いた記憶があります。本格的に陸上競技をしたのは高校に入ってからでした。しかし、体力が伴わないのに練習に負荷をかけすぎて(2年から3年になる春休みの合宿)、3年生になった途端に疲労骨折と、貧血で苦しみ夢破れてしまいました。
ママの言うとおり、スポーツ選手は怪我との戦いでもあります。自分のオリンピックへの夢は叶いませんでしたが、同学年で宗兄弟がオリンピックにでました。同じ年代に場所は違いますが練習していた仲間がオリンピックに出場できて、少しすくわれました。
北海道は冬期オリンピックだけでなく、陸上女子短距離で、福島千里選手がいますよね。(恵庭高校出)
昨年5月に静岡国際陸上大会を見に行きましたが、その時、目の前で福島選手が200Mに出場して見事に日本新記録を達成しました。その時も福島選手の走りに感動しました。

ママ、ハヤッ!!

ママ、電光石火だね スポーツの怪我,これは有りますね、私の若い時、若い時有りました 高校生の時にボクシング部で四回戦ボーイの試合中に左目にカゥンターパンチをくらい、それからは左目の眼底出血を繰り返し、今は左目の視力は殆んど有りません、目の不充は大変です、顔も良く見えないし、頭も痛くなるしでもこれも宿命!!元気に生きてます、病気のメス傷は11箇所あります。これはフランケンシュタインもビックリかな?ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、、さいちゃん、ママの写真返したんだぁ~、おしいっ

傷だらけの人生

スポーツ選手は大変だと思います。ケガしてしまったら復活するまでリハビリで苦労があるし、健康管理が一番気をつけなければならないですよね。
私もスキーを引退した後、ずうっと暗い性格になってしまって、さまよっていた感じでした。
岡村孝子「夢をあきらめないで」とZARD「負けないで」のCDを当時の彼女(マネージャー)に渡され、喝!入れられました!
目が覚めましたね~。気持ちを切替えて新たな目標に向かっていました。
人間って、一人で生きているんじゃないと思いましたね。
苦労があってこそ人間は成長する。

ジャネット・リン

ママの二つ前のコメントの中に、ジャネット・リンの名前がでていました。札幌オリンピック・フィギアスケート銅メダルのジャネットリン・・彼女の愛くるしいスマイルで人気者でした。この時の金メダリストや銀メダリストは覚えていませんが、銅メダルのジャネット・リンは忘れません。演技中に尻もちを着いて3位でした。たまに現在のジャネット・リンを映像で見ることがありますが、往年のイメージから少しかけ離れてしまったようで・・
ところで、カーリング経験者はいませんでしたか。北海道では常呂町が盛んなようですが、常呂町出身者はいないようですね。そういえば、以前、お店で席についてくれた女の子が(名前忘れてしまいした)陸上の長距離をやっていて、ホクレンに入りたかったが勧誘されなかったような話をした覚えがありました。ホクレンと言えばマラソンの赤羽選手が有名ですが、私は札幌出身の竹田清香選手と北見出身の松井香織選手に注目して応援します。ちょっとマニアックな話題ですみません。

札幌オリンピック

すーさん陸上やってたんですね。私は陸上が苦手で高校行事のマラソン大会で1500人中ビリに近い方だったんです。(笑)えへっ!自慢にならないですね(笑)
札幌オリンピックは私が生まれた翌年なので、ジャネット・リンはわからないです。スイマセン。
シェリル・リンは知ってます。それは歌手か(笑)ウケなかったですね(笑)
え~と、知ってるのはジャンプの日の丸飛行体で有名な金の笠谷、銀の金野、銅の青地です。
銀の金野さんは昔、職場の大先輩でよく家に遊びに来てました。今は何してるんだろう?連絡が取れません。
すーさん、マニアックな話で面白いです!

思い出した!

マジックさん、ボクシングやってたんですね。カッコイイ!
私は社会人になって五年目だったかな、太りだしたので痩せるためにボクシングジムでトレーニングしてました。かなり厳しかったです。でも一ヶ月で5キロ減量しました。
ジムのオーナーからリングに上がってスパーリングみたいなことを勧められて、やったらジャブの連発ボディ打たれて崩れてしまいました。私って弱っ!(笑)
マジックさん、ジャブって意外と効くんですね!
実際にビビった経験でした。

皆様 はじめまして女の子の送迎を担当してます、せっちゃんです 誕生日お祝いメッセージありがとうございました 皆様にはお会いしたことはございませんが、ピュアを愛していただきましてありがとうございます これからも変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします

中々大変なスポーツでしょう

ボクシングは中々大変なスポーツですよね。
痛いし、勝ちにいきたいし、ハ、ハ、ハ、、、
でも、良い青春時代の思い出ですよね。

ボクシング

マジっくさんのボクシングを見て思い出しました。
中学から高校の頃、プロボクシング中継を夢中になって見ていた。専門雑誌のプロレス&ボクシングやゴング誌を愛読していた。
当時は世界チャンピオンにF・原田、西条正三、小林弘、柴田国明、沼田義明、輪島公一、ガッツ石松等人気ボクサーが続出していた。具志堅用高はその後にでてきた。私はジュニアライト級(現在のスパーフェザー級)チャンピオンの沼田選手のファンでした。沼田さんは確か北海道の出身だったと思いました。

愛しのコメンテーターさん達へ☆

全員、スポーツ経験者だったとは!凄い凄い
さいちゃんの夢絶たれた時、暗くなりさまよってた事が有ったと言うのは、今見ている超明るいさいちゃんからは、信じられないなしかし、人間…歴史が有るものですみんな…凄過ぎて
スポーツをするのも、観るのもこれから、何か感覚が良い意味で変わりそう勿論コメンテーターさん達への見る目も(カッコイイ~)本当に皆さんのコメントは面白く、たまらないです(笑)
栗田ママ
すすきのスカイラウンジピュアの栗田ママです。ピュアからのお知らせや、日々の出来事などを不定期ではありますが、載せていこうと思っています♪

susukinopure


World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる